映像制作の基本的な流れ

by:

IT・通信関連動画映像制作

映像制作を請け負う業者は多くありますが、完成までの一連の流れというのは基本的にどこも同じであるといえます。まず最初にすべきことは映像のイメージを構築することです。どこで使用するのかを決定し、CGやアニメーション、実写など表現方法を考え、どの程度の長さのものにするのかを決定しておかなければなりません。というのも、映像制作の業者によって得意分野が異なってくるためです。

例えばアニメーションが得意であったり、音楽を使用した映像が得意であったりと、持っている知識やノウハウはそれぞれ違い、仮にCGが得意な業者に実写ドラマ風の映像を依頼することができたとしても、専門で行なっている業者が制作するよりも見劣りしてしまう可能性があるのです。そして映像制作を依頼する業者を設定した後に、打ち合わせに入ります。限られた予算の中でイメージ通りの映像を制作することができるのかを綿密に話し合い、予算的にあるいは表現方法的に無理があるとすれば訂正をしなければなりませんし、映像制作のプロフェッショナルから新たな提案をしてくることもあります。綿密な打ち合わせを繰り返すことが、イメージ通りの映像をつくることに直結してくるのです。

打ち合わせが終わり、実際に映像制作に入ったとしても、完成までただただ待っていればいいというわけではなく、過程で制作状況を確認することも大切な事案です。というのも制作過程で変更を余儀なくされることもあるためで、完成して納品されてからイメージと違ってしまっては取り返しがつかないためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です