デジタルシネマの動画制作とは

by:

IT・通信関連動画制作東京

過去に映画はフィルムを使って制作されて来ました。その後8ミリフィルムが利用できるようになると小規模のものは個人でも撮影して編集することが出来るようになりました。フィルムからデジタル化されてSDカードで記録できるようになるとビデオカメラも小型化されハンディタイプのものから民生用のものまで利用できるようになり映画はより身近な存在になりました。自分としてのイメージを実現したい場合にはデジタルシネマのような動画制作も行われるようになって来ています。

動画制作ではまずテーマを決めて物語の粗筋を作成し、そして詳細な登場人物の設定を行います。ドラマ構成の場所をどこかに想定したり舞台をどこにするか設定を行ったりします。シナリオを描きスタッフや出演者を集めて出発することになりますがプロの制作現場においては企画費用としては原作・脚本料金、台本の印刷料、映倫の審査費用、企画行動費が発生します。現場についてはロケハンとロケの費用、車両代金やトラック代金、キャスティングではキャストやエキストラ、技術指導費などが必要になります。

その他にもステージのレンタル料や照明、音声、美術や大道具、装飾物、そして音楽では著作権料等がかかって来て予想以上の経費であきらめてしまう場合も出てきます。カメラにしても関係機材の種類やカメラの知識、ある程度撮影方法について経験を積んでおく必要もあります。動画制作で予算不足を無くするには詳細な予定を立てることが大切になって来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です