記憶に強く残す映像制作は、興奮と抑制効果のバランス

by:

IT・通信関連動画制作東京

映像制作で大切なテクニックは、人の興奮と抑制を上手く利用して、バランスを取る事が挙げられます。例えば、映画などを見始める場合の人の心理状態は、心を落ち着かせてじっくりと見る心構えの心理状態が一般的です。この時点で、迫力のある重低音の映像を使えば、その変化に大きな刺激を与えて、強い興奮を作り出す事が可能になります。ただし、興奮ばかりでは、見ている人が疲れが生じますので、その興奮を抑制させるための、穏やかな映像を流す事もポイントの一つになります。

興奮と抑制を比べた場合、基本的に、興奮をメインに扱う事が大切になります。その理由は、人は危機的な内容に陥った場合、興奮する事が一般的であり、強く記憶に刻む事が可能になるためです。興奮には様々な内容があります。危機的な内容以外にも、異性に出会ったり、興味のある趣味的な内容、人が困っている場合、助けたい心情など、これらは能動的な思いであり、興奮を作り出す内容でもあります。

映像制作で参考になる資料があります、それは、芸人と呼ばれる人達のお笑い番組です。話の内容が参考になるのでは無く、人々の興奮と抑制を上手く反応させている内容です。お笑い芸人の多くは、意外性のある言葉を発します。この意外性とは、一般的な内容で無い内容であり、見ている方が特別な情報として体に対して興奮を起こし情報集する生理反応が起きます。

ただし、これが長続ければ、体に負担を与える危害な情報として、嫌悪感を感じさせます。そのためツッコミを行う人が、その内容に対して抑制力を働かせます。映像制作を行う場合は、物語としての内容も大切ですが、映像を見る人の心の反応を知る事が大切であり、それは、興奮と抑制と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です