映像制作の見積りを見る際に注意する点

by:

IT・通信関連動画制作映像

テレビ局や放送の仕事をしていなくても、映像制作会社に制作の依頼をする機会は意外と多いものです。その場合、多くは複数の映像制作会社に見積りを依頼し価格の比較を行います。その中で最大の品質を引き出し最も金額の安い業者に依頼するというのが一般的です。しかしこの場合に判断が難しいのが、見積りだけではどの会社がどの程度の品質を想定しているのかがなかなか分からないことです。

依頼する側は映像制作のプロであることは殆ど無いため、見積りを見ただけではその品質の違いを理解することは難しいものです。とはいえ、直感的に価格の高い方が品質が良いという考えは浮かびますが、自分たちが求めているレベルの品質を満足しているかどうかを判断するのはなかなか難しいものです。一般的に価格の高い見積もりを提示してくる業者の多くは、金額よりも品質を最大限重視する傾向が有ります。機材も最大限機能の高いものを使い、人件費も過剰なほどの人材を掛け、またチェックも入念に行うと言ったように高い品質を目指してしまうため、必然的にコストが上がってしまいます。

しかしこれは過剰品質で有る場合も多い為注意が必要です。逆に価格が安い業者の場合に心配しなければいけないことは、品質や作業期間に無理がないかという点です。費用や期間が短いと無理が生じ、最終的にはどこかに問題が生じてしまうものです。その為、適正な品質と価格の兼ね合いを依頼元がしっかりと把握しておく必要があります。

動画制作のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です