これを知っていれば理解しやすい!映像制作の見積

by:

IT・通信関連動画制作東京

企業が宣伝活用で使用する映像を用意する場合、映像制作の会社に依頼するのが一般的です。また個人でもイベントで使用する映像の制作を依頼することもあります。映像制作を依頼する場合は最初に見積をとることになります。その金額を見て想像してたより高いと感じることもあるでしょう。

しかし映像制作には多くの人や機材が関わっているので、コストがかかるケースがあるのです。どのようなことに費用が使われているのかを知っていれば、高いと感じないかもしれません。明細を見て分からなければ、質問することが大切です。どのような映像を作成するのかを最初にプランナーと打合せます。

イメージが固まっていれば、それを伝えて企画書を作成してもらいましょう。映像の長さによって見積額が変更する可能性が高いです。10秒変わるだけで1万円ほど変わることもあります。企画が固まればプロデューサーの出番です。

企画書に基づいて、実際に撮影を行います。このときディレクターやカメラマン、出演者などのスタッフも仕事をします。スタイリストや音響担当など、多くの人が関わります。また道具を揃えたり、ロケーションを確保したりするなど、ここで最もお金が費やされるのです。

有名人を出演者として起用する場合は、一気に料金が跳ね上がることになります。その後は編集作業になります。撮影した映像にナレーションを加えたり、特殊効果を付け足したりするのです。納品する形に仕上げる大事な工程とえいます。

納品する方法によって見積が変わることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です