映像求人にはどんな種類があるの?

by:

IT・通信関連動画制作東京

映像の世界と聞くと、漠然としているにもかかわらず何だかかっこいい業界のイメージを持つ人は少なくないでしょう。人が憧れるかっこいい業界で働きたいと思う人は、映像の業界で働くことを考えるかもしれません。実際に映像求人には、どのような種類の仕事があるのでしょうか。映像求人の内容はどのようなものなのでしょうか。

そもそも映像の制作にはどのような種類があるのでしょうか。テレビ映画などの実写の制作、アニメの制作、その他CG政策もあります。近年の映像の世界においては、実写とアニメとCGは各々独立した存在として機能しているだけではなく、むしろこれらが組み合わさって映像として製作されていることも少なくありません。また、映像とはこれらのエンターテインメントのものだけでなく、教材用の映像や会社でのプレゼンテーション用の映像、企業広告の映像など様々なものがあります。

映像求人の内容としては映像クリエーターや映像ディレクターがあります。その名のとおり、映像を制作する仕事です。制作する映像のジャンルや目的は前述のとおり様々ですが、この職種はなかなか厳しいのが現状です、制作依頼をしているクライアントの希望が第一に優先されるため、自分が作りたいイメージのものを作れるわけではありません。クライアントが気に入らなければ何度でもやり直しの必要があります。

求人としては当然アシスタントからのスタートになりますので、気力体力が必要です。また、テレビの番組などの企画を考えてそれを実際に制作するものなどもあります。企画の立案やその為の準備や交渉、進行プログラムを作成したりなど仕事は多岐にあります。アシスタントプロデューサーを募集しているものもあります。

下働きの大変さもあるでしょうが、いずれにせよ映像の制作に関われる仕事は出来上がった時の達成感は大きいものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です